AlpacaTech Blog

ゲーム作りたい系草食動物の備忘録

Windowsで無名のファイルを作る方法(無名にリネーム)

 

手順

無名にしたいファイルを適当に作ります

既存の物でもいいです。

f:id:alpacatech:20180927172748p:plain

今回は、test.htaccessをつくりました。

 

ファイルのある場所のコマンドウィンドウを開きます

ここで、ファイルを選択しない

フォルダをshiftキーを押しながら右クリックすると

f:id:alpacatech:20180927172704p:plain

 

メニューに

・コマンドウィンドウをここで開く(Windows7等)

PowerShellウィンドウをここに開く(Windows10)

が出てくるので、選びます(どちらでもいいです)

 

リネームする

f:id:alpacatech:20180927173215p:plain

ren test.htaccess .htaccess

※ren 変更前ファイル名 変更後のファイル名

 

を入力してリターンを押すと
.htaccess ファイル名にリネームされます。

 

f:id:alpacatech:20180927173623p:plain

 

おしまい 

 

【Unity】Asset入れた時のエラー対応

アセットストアの物そのまま入れて起こったエラー対策備忘録。

今後ここに追記していく予定です。

 

error CS0103: The name `AnimationUtility' does not exist in the current context

AnimationUtilityが利用できなくてエラー出ている状態です。

AnimationUtilityは、エディタ上でしか動かないので、

iOS等のビルドにするとエラーが出ます。

 

最近、AssetStoreの物をインポートしているとたまに出てきます。

 

▼対応

#if UNITY_EDITOR

AnimationUtility.....

#endif

 

エディタ上でしか動かないので、

AnimationUtilityを利用している箇所を#if UNITY_EDITOR ~ #endif で囲みましょう。

 

 

 

error CS0102: The type ~ already contains a definition for `postProcessing'

(Location of the symbol related to previous error)

既に変数が定義されているエラーです。

同じ名前が無いか確認してください。

 

タイトルのエラー場合postProcessing関連です。

現在、POSTPROCESSINGは、V1とV2があります。

これを両対応するために

 

#if UNITY_5_6_OR_NEWER && UNITY_POST_PROCESSING_STACK_V1 && AQUAS_PRESENT
PostProcessingBehaviour postProcessing;
#endif

#if UNITY_5_6_OR_NEWER && UNITY_POST_PROCESSING_STACK_V2 && AQUAS_PRESENT
PostProcessLayer postProcessing;
PostProcessVolume postProcessingVolume;
#endif

のように両対応するコードが書かれています。

f:id:alpacatech:20180919122657p:plain

 

▼PostEffectの場合の対策

メニューの

Edit->Player->OtherSettings->Scripting Define Symbolsに

UNITY_POST_PROCESSING_STACK_V1; UNITY_POST_PROCESSING_STACK_V2

両方書かれている場合、

どちらか一方にしてください。

わからない場合はV2を残した方がいいかも。

 

 

 

【Unity】GamestrapUIで簡単UI作成【アドカレ2018】

この記事は、

Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2018 Summer!

8/29(wed) イベントの記事です。

 

 概要

GamestrapUIは、GUI素材集とスクリプトを合わせたアセットです。

 f:id:alpacatech:20180816181245p:plain

 素材だけでなくツールもついているので色々見ていきます。

 

AssetStore

 

紹介動画 

 www.youtube.com

ドキュメント

Gamestrap Unity Assets - UI, Editor Camera & Localization

 

 サンプルシーン

とりあえずサンプルシーンを見てみます

13種類のサンプルレイアウト

f:id:alpacatech:20180816190154g:plain

*1秒ごとにシーンが変わります(gifアニメ) 

一枚絵でなく配置された物です。

グラデーションの背景、ボタンは画像でなくスクリプトで表現されています。

  

ゲーム用サンプルシーン

 f:id:alpacatech:20180828151947g:plain

タイトル、設定、ゲームの一連の流れサンプルです。

フェードインアウトや外部サイトのリンクも対応しています。

設定の音声設定はシーンまたいで保存されていない&音声制御していないので別途必要です。

 

複数のシーンを切り替えしているのでシーンを追加する必要があります。

f:id:alpacatech:20180828152147p:plain

 

リアルタイムで見た目変更

 f:id:alpacatech:20180828170054g:plain

 ツール内でなく実行中にパターン変更できるようです。

素材紹介シーン

f:id:alpacatech:20180816190157g:plain

*1秒ごとにシーンが変わります(gifアニメ)  

シーン内に含まれない素材も多数あります。

 

 

 

素材

サンプルシーン以外にもたくさんありました。

形状

f:id:alpacatech:20180828153807p:plain

f:id:alpacatech:20180828153843p:plain

 他にも線の太さの違う円等があります

 

アイコン

f:id:alpacatech:20180828153741p:plain f:id:alpacatech:20180828154034p:plain

フォント

一部フォントは太さ違いも存在します。

海外製なので日本語未対応です。 

f:id:alpacatech:20180816190204p:plain

国旗素材

f:id:alpacatech:20180828153658p:plain

 

メニューから配色済みUIパーツ生成

f:id:alpacatech:20180828155054p:plain

メニューに配色済みGamestrapUIのUIパーツが登録されておりすぐに作れます。

標準UIにないアイコンボタンパターンなどもあります。

 

 

配色、エフェクト一括変更機能

このアセットの売りの一つです。

簡単にUIの配色やエフェクトを変更できます。

調整ウィンドウ表示

メニュー→Window→Gamestrap UI Kit で設定ウィンドウが出ます。

f:id:alpacatech:20180828160002p:plain

 

基本的な変更方法

一括色変更・選択

f:id:alpacatech:20180828163427g:plain

Hierarchyのオブジェクトを選択して、

色を選択してSelectedで一括変更。

  

一括色変更・タグ指定

ウィンドウのColorDetailsのTagとオブジェクトのタグが同じ

オブジェクトは、Tagボタンを押すと一括変更されます。

f:id:alpacatech:20180828162458g:plain

 

 

これらは、動画じゃ説明できてないのですが、

単色だけでなく、ボタン等に利用される複数種類(Normal/Highlighted/Pressed...)も

変更されます。

 

エフェクト

色だけでなくエフェクトも指定できます。

f:id:alpacatech:20180828165043g:plain

・Gradient ... グラデーション

・Shadow ... 影

・Radial Gradient ... 円グラデーション?(値の指定がわからなかった)

・mirror ... ミラー。水面に映ったような。FF5のタイトルのようなのもできそう

・skew ... 変形(パースや傾き)

が指定できます。

注意:適応する順番によってかかり方が変わるので注意

(Shadow→Gradientの順番だとグラデーションがかからなかった)

 

色自動作成

Normal/Highlihted/Pressed/Dissabled等、

複数ある色を指定するのは大変です。

 

GamestrapUIでの色指定は、

・あらかじめ準備された色や

f:id:alpacatech:20180828165747g:plain

 

・パターン生成から選べます

f:id:alpacatech:20180828165805g:plain

 ↑ベースの水色から様々なパターンで色が生成される。

 

 

 

他にもフォント一括指定等、機能はありそうですが

今回は以上です。

 

 

素材集としても配色ツールとしても優秀なアセットだと思います。

 

 

 

 

 明日8/30の担当は、

COREVALE (@corevale_com) さん の

First Person Exploration Kit を使って脱出ゲーム制作

です。

宜しくお願い致します。

 

 

itch.ioにアプリ登録してみました

itch.ioとは

steamみたいなゲーム配信サイトです

Download the latest indie games - itch.io

開発者は無料で登録が出来、自由に値段を設定できます。

値段を無料にして寄付を受け付けることもできます。

 

登録した物

alpacatech.itch.io

NVIDIA FleXを利用した砂場遊びツールです。

マウスで砂を掘って遊びます。

(ゲームじゃなくてシミュレーターみたいな物なんですが)

WindowsのみでPCの要求スペック高めです。
(数年後のPCだと簡単に動く事を信じて先行アップ) 

youtu.be


登録方法

itch.coにフリーゲームを登録してみた。登録までの流れ/~飛竜翔の活動報告日記~

このサイト様を参考と

日本語翻訳を活用して埋めていきました。


寄付画面が出てこない

アカウント設定の寄付設定してませんでした。 

f:id:alpacatech:20180827152829p:plain

 

左が、itchが受け付けて後で受け取る
右が、直接受け取る
左の方お勧めされてたのでとりあえず左で。


登録結果

5時間後の結果です><

f:id:alpacatech:20180827171742p:plain

半分以上が自分でクリックしてる。

何人かダウンロードしてもらえてました(たぶん)

寄付は自分で確認用のやつ。

  

メモ

せっかく作ったのに誰も見てくれないのは悲しい

対策と反省

itch

スクリーンショットやアイコンはgifアニメでも表示できるのでgif作成して登録。

アメリカとの時差は13時間(今回深夜にアップした)


twitter動画ツイート

twitterは流れが速いので、動画の開始3秒で見るか見ないか判断される感じです。

ので、

・最初数秒はインパクトのあるシーンをもってくる。

・サムネ(最初のフレーム)は、見てわかるもの。

YouTubeの動画そのまま持ってきたのでフェードインの黒画面になってしまってた

・タグつける

月末は避ける?
→パケット死んでて動画見れない(自分)

 

最後に

とりあえずitch.ioデビュー出来ました。うれしい。

次はスマホアプリデビューします。

 

 

 

【Unity】Camera.mainにアクセスしようとすると例外が発生する

例外が発生

NullReferenceException: Object reference not set to an instance of an object
PlayerTest.Update () (at Assets/Game/PlayerTest.cs:32)

ソース

var cameraForward = Camera.main.transform.forward;

Camera.mainにアクセスしていました。

 

原因

カメラのTagがUntagged

f:id:alpacatech:20180820194905p:plain

 

tagをMainCameraに変更

f:id:alpacatech:20180820194840p:plain

 

Camera.mainアクセスが問題なくなりました。

 

【Unity】PC版作成時のアイコンやスプラッシュスクリーンの設定

PC版を作成した際のバナーやアイコンとかの設定メモ

 

概要

f:id:alpacatech:20180806041615p:plain

スプラッシュスクリーンは、このような起動時のダイアログ画面です。

そこで表示されるバナー解像度等の情報がなかったので調べた&書きました。

 

 設定場所

アイコンやバナーは以下の場所を設定する必要があります。

メニューの

Edit->Project Settings->Player

f:id:alpacatech:20180806034215p:plain

 

 

 

 

 

モジュールのアイコン

f:id:alpacatech:20180806033854p:plain

このようなexeのアイコンです。

 

Default Iconを設定します。

解像度別は、Iconタブで確認できます。

 

 

 

 

 

起動時のダイアログ

f:id:alpacatech:20180806041615p:plain

このような起動時の解像度やInputの設定変更するダイアログです。

 

バナー設定と解像度

SplashImage→

Application Config Dialog Banner(バージョンによってはConfig Dialog Banner

です。

 バナーの解像度は432x163がフィットするらしいです。

 (Mac版未確認)

バナーが汚くならない為の対応

そのままの設定の場合、引き延ばされたり圧縮で劣化して表示されます。

設定を変更します。

TextureType  ... Sprite2DでNPOT(2のべき乗拡大を廃止)

Compression ... None(非圧縮)

f:id:alpacatech:20180806040439p:plain

 

 

※実際に1ドット間隔のグリッド画像を432x163で表示してみました。

f:id:alpacatech:20180806033120p:plain

 引き延ばされることもなくきれいに表示されています。

たぶんこれであってる。

 

 

起動時にダイアログを表示したくない

もしダイアログを表示したくなければ

Display Resolution Dialog を 変更します。

Disabled (無効)

Enabled (有効)

Hidden by Default (デフォルトで非表示。起動時に Alt キーを長押しした場合にのみダイアログが表示される

f:id:alpacatech:20180806040909p:plain

 

非表示時の解像度は、他の設定を変更します。

スタンドアロンのプレイヤー設定 - Unity マニュアル

docs.unity3d.com

 

 

 

起動時のロゴ

Logosで設定。

アニメーションの時間設定や色を指定できます。

[Preview]ボタンで確認できます

 

  

 

参考

公式の設定マニュアル version 2018.1

docs.unity3d.com

 

 

解像度について

what is the config dialog banner splash image size - Unity Answers